センターの概要

高齢化社会の中で地域社会が今後も健全に発展していくためには、「高齢者一人ひとりの知恵や技能、豊富な経験を活かし、高齢者と若者が手を携えて社会を支えること」が必要です。

こうした考えの下、国では高齢者の雇用対策として「生涯現役社会の実現」「 再就職の援助・促進」「多様な就業機会の確保」を打ち出しました。
シルバー人材センターでは、こうした方針の「多様な就業機会の確保」を担う中核団体として活動しています。

定年退職後や家業を子どもさんにゆずられ、常用雇用でなくとも何らかの就業を通じて自己の労働能力を活用し、それによって副収入を得るとともに、自らの生きがいの充実や社会参加を希望する高年齢者が増えてきています。
これらの人々に臨時的・短期的な仕事あるいは短時間 の継続的な仕事を提供するのが、シルバー人材センター(公益団体)です。

(公社)浜松市シルバー人材センターは、浜松市内に居住する概ね60歳以上の高年齢者が会員登録をしています。
仕事はシルバー人材センターが受託して、会員の能力に応じて提供し「賃金」「給料」としてではなく「配分金」として支払うシステムとなっています。